ファイナンシャルプランナー(FP)と金融機関の違い
ファイナンシャルプランナー(FP)事務所
お金・資産・保険・年金・住宅ローン・教育資金・税金・相続などのご相談
ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス オンライン相談
ホーム 特色とサービス オンライン相談 事務所概要 お問い合わせ ファイナンシャルプランナー(FP)・一宮

特色とサービス > 特色 > ファイナンシャルプランナー(FP)とは・・・

[ ファイナンシャルプランナー(FP)とは・・・ ]

 ファイナンシャルプランナー(FP)は財政上のドクターといわれています。ファイナンシャルとは英語で「財政上の、財務上の、金融の」という意味を指します。ファイナンシャルプランナー(FP)は、家族構成、収入・支出、資産・負債、保険などあらゆるデータを分析し、顧客のライフプラン上の目標を達成するための資産設計やその実行のアドバイスをします。

 ファイナンシャルプランナー(FP)は他の専門家と異なる点は、金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識を持ち、1つの分野に偏ることなく様々な角度から分析をし、包括的なアドバイスが出来ることです。


[ 金融機関との違い ]

 多くの金融機関などでもこのようなサービスが受けることが出来ます。しかし、残念ながらそのサービスはその金融機関の業務の一環である以上、ほかに良い解決方法があるとしても、自社のサービスや商品を退けて他社の良いものを紹介してくれたり、アドバイスをしてはくれません。ひとつの解決方法や金融機関にとらわれることなく、より中立的で公平な立場でアドバイスを行うのがファイナンシャルプランナー(FP)の仕事です。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス
ホーム - 特色とサービス - オンライン相談 - 事務所概要 - お問い合わせ - リンク
適格年金 見直し講座 - 確定拠出年金401k - 自動車保険 見直し講座

Copyright(C) Hiroki FP Office. All Rights Reserved.