確定拠出年金(401k)導入のデメリット/企業年金・退職金コンサルティング
 
適格年金・確定拠出年金(401k)など企業年金コンサルティング
ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス オンライン相談
ホーム 特色とサービス オンライン相談 事務所概要 お問い合わせ ファイナンシャルプランナー(FP)・一宮

確定拠出年金導入に待った!
安易な確定拠出年金導入が考えられている現状

   目 次   

 確定拠出年金(401k)のデメリット、 一時金(退職金)・労務知識の重要性 1ページ
  はじめに
確定拠出年金(401k)の最大のデメリットは一時金が支給出来ないこと
なぜ一時金(退職金)が必要なのか ■適格年金関連
労務に無知なファイナンシャルプランナー(FP)
ファイナンシャルプランナー(FP)が確定拠出年金(401k)を奨める理由
 
     
 適格年金の解約・課税問題、 保険代理店の営業姿勢、 生命保険積立の危険性     2ページ
  保険代理店が適格年金解約を奨める理由 ■適格年金関連
適格年金解約の大きなデメリット ■適格年金関連
適格年金解約時の課税 ■適格年金関連
従業員に買わせる保険代理店 ■適格年金関連
退職金廃止は簡単に出来るものではありません
企業にも買わせる保険代理店 ■適格年金関連
社外積立(生命保険など)は大きなデメリット ■適格年金関連
保険代理店が社外積立を奨める言い分 ■適格年金関連
 
     
 確定拠出年金(401k)のコスト、 投資教育の負担、 保険会社の営業姿勢 3ページ
  保険会社が確定拠出年金(401k)を奨める理由 ■適格年金関連
適格年金廃止の理由と確定給付企業年金 ■適格年金関連
キャッシュバランスプランはどうか ■適格年金関連
保険会社が説明する確定拠出年金(401k)のコスト
元本確保型だけでは厳しい
保険会社は元本確保型があるから大丈夫と言う
導入するからには投資教育を拒むことは出来ない
確定拠出年金法にも投資教育の努力義務が
永遠に続く投資教育
 
     
 確定拠出年金(401k)の商品性質、 投資信託の仕組み、 投資教育の本質 4ページ
 
投資信託を知らないことは確定拠出年金(401k)を知らないことと同じです。
  知らない方はもちろん、購入したことのない方はお読みください。

投資信託を買ったことがありますか
投資信託とはどういうものか
株と投資信託の違い
インデックス型の投資信託とは
アクティブ型の投資信託とは
資産は指数に逆らって増えない
購入は自分で判断する
投資教育とは何をするのか
投資教育の提供は儲かる情報の提供ではない

 
     
 確定拠出年金(401k)と他の企業年金の併用、 前払い退職金 5ページ
  投資に無知な社会保険労務士には注意
確定拠出年金(401k)は大口割引
確定拠出年金(401k)と一時金の併用は愚策か その1
確定拠出年金(401k)と一時金の併用は愚策か その2
適格年金から前払い退職金のデメリット その1 ■適格年金関連
適格年金から前払い退職金のデメリット その2 ■適格年金関連
適格年金から前払い退職金のデメリット その3 ■適格年金関連
確定拠出年金(401k)は前払い退職金の代用となるか
確定拠出年金(401k)が適している企業はどんな企業か
あとがき
 

企業年金コンサルティングはこちらまでお問い合わせ下さい。
TEL 0586 - 23 - 6661 
お問い合わせフォーム

ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス
ホーム - 特色とサービス - オンライン相談 - 事務所概要 - お問い合わせ - リンク
適格年金 見直し講座 - 確定拠出年金401k - 自動車保険 見直し講座

Copyright(C) Hiroki FP Office. All Rights Reserved.