適格年金から中退共/確定拠出年金/キャッシュバランスプランなどへ
 
適格年金・退職金積立など企業年金コンサルティング
ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス オンライン相談
ホーム 特色とサービス オンライン相談 事務所概要 お問い合わせ ファイナンシャルプランナー(FP)・一宮

適格年金 見直し講座-目次へ


[ 概要・仕組みの比較 ]

  概要・仕組み 受取り額
中小企業退職金共済
  (中退共)
企業が掛け金を拠出し、利息のついた積立金を退職金または年金として受給する。 勤労者退職金機構の
運用利回りにより変化する。
(市場金利におよそ
連動して変化する。)
確定拠出年金
  (401k)
企業が掛け金を拠出し、従業員自ら
その掛け金を運用し年金として受給する。
運用が上手くいけば多くなり、
失敗すれば少なくなる。
確定給付企業年金
  (規約型)
企業が掛け金を拠出し、将来に一定額の
退職金または年金の受取りを約束する。
(従来の適格年金と同じ様な仕組み)
一定
厚生年金基金 企業が掛け金を拠出し、将来に一定額の
年金または一時金の受給を約束する。
一定
キャッシュバランスプラン 企業が掛け金を拠出し、市場金利に連動した利息のついた退職金または年金を受給する。一定の下限利回りは保証される。 市場金利に連動して
変化する。

 

[ 運用者・商品リスクの比較 ]

  運用者 リスク
中小企業退職金共済
  (中退共)
勤労者退職金機構 利回りの低下、積立不足
確定拠出年金
  (401k)
従業員本人 運用の失敗による受給額の減少
確定給付企業年金
  (規約型)
生命保険会社・信託銀行など 生命保険会社などの破綻
厚生年金基金 厚生年金基金が生命保険会社・
信託銀行などに運用を委託
生命保険会社などの破綻
キャッシュバランスプラン 生命保険会社・信託銀行など 生命保険会社などの破綻

 

[ 移行手続き・企業リスクの比較 ]

  移行時の積立不足解消
(過去勤務債務解消)
将来の損失補填
(掛け金の増額、積立不足の解消)
企業会計の扱い
中小企業退職金共済 不要 不要 債務にならない
確定拠出年金
  (401k)
必要 不要 債務にならない
確定給付企業年金
  (規約型)
不要
(ただし、一定の
範囲内に限る)
運用難で利回りが低下し積立不足と
 なった場合は、企業が損失を補填する。

移行後の積立不足(過去勤務債務)は
 一定期間で償却しなければならない。

大きな債務に
なることもある
厚生年金基金 不要
(ただし、一定の
範囲内に限る)
運用難で利回りが低下し積立不足と
 なった場合は、企業が損失を補填する。

移行後の積立不足(過去勤務債務)は
 一定期間で償却しなければない。

大きな債務に
なることもある
キャッシュバランスプラン 不要
(ただし、一定の
範囲内に限る)
運用難で保証した利回りを下回る場合
 は、企業が損失を補填する。

移行後、積立不足(過去勤務債務)が
 生じた場合は償却しなければならない。

少しは債務に
なることもある

 

[ 制度の適性による比較 ]

  適している企業 不適な企業
中小企業退職金共済
  (中退共)
退職給付債務・企業年金債務を負いたくない。 入社後、すぐに退職する社員が多い。
確定拠出年金
  (401k)
退職給付債務・企業年金債務を負いたくない。

将来にわたって投資教育を十分に
 行っていける。

事業内容が投資教育を必要としている。

将来にわたって投資教育を十分に
 行うことが出来ない。
確定給付企業年金
  (規約型)
入社後、すぐに退職する社員が多い。

退職理由により退職金額に差をつけたい。

退職金額が少額である。

退職給付債務・企業年金債務を負いたくない。
厚生年金基金 厚生年金基金に加入できる。

企業業績・財務に余裕がある。

退職給付債務・企業年金債務を負いたくない。
キャッシュバランス
  プラン
退職給付債務・企業年金債務の負担を
 少なくしたい。
現在の積立不足が過大。

2/3 ページ
前のページ← | 1 | 2 | 3 | →次のページ

適格年金 見直し講座 - 目次へ

ファイナンシャルプランナー(FP)事務所 ひろきFPオフィス
ホーム - 特色とサービス - オンライン相談 - 事務所概要 - お問い合わせ - リンク
適格年金 見直し講座 - 確定拠出年金401k - 自動車保険 見直し講座

Copyright(C) Hiroki FP Office. All Rights Reserved.